タグ別アーカイブ: Time

Java: イベント駆動によるModelとViewの分離 – Observer パターン

よくGUIやWebアプリの簡単なサンプルソースなどは、UIとアプリケーションのロジックが同じクラスまたはメソッドに書かれている場合が多い。それはそのサンプルがある特定の機能や関数の紹介の為に簡潔に書いているのだが、仮にいざそのソースを元にアプリを作りこんで機能の追加を行っていくとUIとアプリのロジックは分離したほうが保守・拡張と共に行い易い。

下記のプログラムは1秒毎に数値をカウントし、それを2進数と10進数でGUI上のラベルに出力する機能をモデルとビューに分けている。すなわち、数値のカウントをするモデルと数値をUIに表示するビューに。(いくつかの言語ではGUIの部品としてタイマーがあるようだが。。)

続きを読む

Python: 現在の日付・時刻の取得と出力 – datetimeクラスの属性、today()、strftime()メソッド

ソースコード

実行結果

リファレンス

チュートリアル

C#でキッチンタイマーを作ろう

カウントダウンタイマーとも言うのかな。
さて、今回学んだことは、

  • X秒からh:m:s形式での表示。
  • タイマースレッドの利用。

かな。
タイマーイベント毎に重い処理を行うと表示時間と実時間のずれが大きくなるので注意。そういった場合はイベント発生間隔を長めに取ってみる。

プログラムの実行結果

起動時

C#カウントダウンタイマー1

実行時

C#カウントダウンタイマー2

ちなみにボタンをロックするにはボタンインスタンスのEnabledプロパティにfalseを代入します(ロック解除はture)。

例(butstartはボタンクラスのインスタンス変数):

ソースコード

FormTimer.cs

FormTimer.Designer.cs