タグ別アーカイブ: Network

IBM System i (AS400): SSHポートフォワーディングFTPとSFTPの違い

SSHポートフォワーディングFTP (FTP over SSHとも言う)とSFTPの主な違いについてIBM i OSユニークな点も含めて下表に纏める。

続きを読む

IRC: CentOS 7にngircdサーバをインストール

本記事はIRCサーバーの一つであるngircdをCentOS v7へインストール及びIRCクライアントからの接続確認する手順を記載している。尚、/etc/ngircd.confの詳細な設定方法については本記事では取り上げていない。

続きを読む

Docker: ホストOSーコンテナ間のポートフォワーディング

ホストLinux上でDockerコンテナを用いてWebサーバ等を提供する際、ホストLinux-Dockerコンテナ間でポートの紐付けが必要である。本記事は下記の3パターンのポートの紐付け方法を紹介する。尚、参考にした公式ガイドは記事末尾をご参照。

続きを読む

IBM System i (AS400): ADDTCPRTEエラー対処法 → “TCP/IP route not added.”

事象

ADDTCPRTEコマンドを実行後、”TCP/IP route not added.”エラーメッセージが出力され、パラメーターに指定したRouteの登録が出来ない。(実行環境: v6r1)

AS400_addtcprte_subnet_mask_error_cmdline

続きを読む

QNAP: システム設定のリセット (初期化)での復旧例 – リセットボタン長押し

事象

先日、自宅のブレーカーが不意にダウンした為、運用していたQNAP NASが異常終了状態となった。電源復旧後にQNAPを立ち上げたところ、ping疎通は確認できたものの、各種サービス(httpd, ssh, telnet, etc…)が利用不可。(Qfinder上からの操作も、Webインターフェイスからの操作もできない。)

続きを読む

QNAP: スイッチングハブのみの接続構成 (インターネット接続無し)

結論から言うと、(当たり前ではあるが、)首題の構成でもQNAP NASサーバー内のサービスは使用可能(勿論internet接続が前提となる、NTP、Firmware update等は不可)。接続構成としては下図の通り「QNAP⇔スイッチングハブ⇔クライアントPC」となる。

diagram_qnap_sw

QNAPサーバー、及び、クライアントPCのネットワーク設定は下表の通りとなる。

機器 設定
クライアントPC 固定IP (e.g. 192.168.10.5)
QNAP 固定IP (e.g. 192.168.10.10)

設定完了後、PCからQNAPへping疎通出来ていれば問題なし。

仮にQNAPのDHCP設定ONで本構成で立ち上げてしまった場合、PCからQFinderアプリを用いてネットワーク設置を変更する。当該アプリはブロードキャストドメイン内のQNAPサーバーを検索してくれるので、仮にIP設定を間違えても再設定が可能。

IBM System i (AS400): SNA通信における戻りコード82A6 (否定応答: negative-response)

SNA関連のノウハウはTCP/IPが席巻している昨今Web上のドキュメントや情報も公式を含めてなかなか無い。下記のコードは最近偶々遭遇したエラーコードであり、備忘録として翻訳記録しておく。

引用元:IBM AS/400 Advanced Series APPC Programming Version 4のB-19 (123/301)を参照

続きを読む