カテゴリー別アーカイブ: Linux

IRC: CentOS 7にngircdサーバをインストール

本記事はIRCサーバーの一つであるngircdをCentOS v7へインストール及びIRCクライアントからの接続確認する手順を記載している。尚、/etc/ngircd.confの詳細な設定方法については本記事では取り上げていない。

続きを読む

Kali Linux: apt-getによるTerminatorのインストール

kali-linux-1.0.9-amd64をインストール後にapt-getでterminatorコンソールを導入しようとしたところ下記のエラーが発生。

解決法

ソースリストを以下の通り編集。

以下のコマンドでインストール後、メニューのApplication→Accessoriesから使用可能となる。

参考サイト

QNAP: エラー対処法→ [Firmware Upgrade] System update failed. No enough space on RAM/ disk available for firmware update.

先日自宅のQNAP NASサーバーのファームウェアをWeb UIよりアップグレードを試みたところ、下記のエラーが発生。

事象

本記事では原因等は記載はせず、対処法のみ紹介。

続きを読む

telnetコマンドでのメールサーバ(SMTP, SMTP-AUTH, POP3)の動作確認

前回の記事にてメールサーバを構築。本記事は当該サーバに対する動作確認の手法や良くあるエラーの対処例を記載する。

nmapコマンドによるポート開放確認

Postfix, Dovecotの動作確認の前に、そもそもサービスのポートが開放されているかをサーバの外部ネットワークからnmapコマンドを用いて確認する。(nmap自体は公式サイトより適切なモジュールをダウンロード・インストールすればWindows, Mac, LinuxのいずれのOSでも使用可能。)

その実行結果例は下記の通り。nmapコマンドはデフォルトでwell knownポートに対してスキャンをかける。smtp, pop3, imap, imaps, pop3s等が、openであればOK。勿論、dovecot.confのprotocolsディレクティブ設定において、pop3, imapを指定してなければ当該ポートはopenとはならない。

仮にこの段階で期待するポートがopenで無かった場合、iptable設定やネットワークファイアウォールの設定を確認すると良い。ネットワーク型とホスト型(iptable)の切り分けは単純にメールサーバ上でlocalhostに対するnmapを実施すればよい。

続きを読む

Linux: CentOSへのPostfix, Dovecotのインストール・設定

先日、CentOS v5.X系にメールサーバを構築・動作確認した際の作業ログを以下に掲載。送信(SMTP, SMTPS)サーバにはPostfix、受信(POP3, IMAP, POP3S, IMAPS)サーバにはDovecotを使用。構築手順は基本的に記事末尾の参考サイトにならっている。尚、nmap, telnet等での動作確認やログからのトラブルシューティング等は別記事にて掲載予定。

構築の背景

独自ドメインのメールはGmailやWindows Live、Yahoo等のフリーメールと異なり、一部のネットバンク等でもプロバイダメールと同等のアドレスとして評価され特定のサービスを使用する際に使えること、また、任意のメアド名を選択でき、送信先に対して自ドメインの宣伝にも使えるので、中々活用度が高い為。

続きを読む

Linux: apt-get 時の GPG error (NO_PUBKEY) の解決例

事象

Linux Debianで/etc/apt/sources.listに外部のリポジトリを指定した後にapt-get updateコマンドを実行したところ、下記のGPG errorが出力されupdateできない。

続きを読む

ssh: tarコマンドによるファイル一括転送及び展開

ローカルホスト上のsshコマンドを実行する際の標準入力はリモートホストで実行するコマンドの標準入力として送出される。

例として、カレントディレクトリのファイル(a.txt, b.txt, c.txt)をリモートホスト上の指定ディレクトリにtar書庫で転送し展開するコマンドは下記の通り。

ローカルホスト上のプロンプト

tarコマンドのファイル名を指定するべき引数に「-」(ハイフン)を指定すると標準入力/標準出力となる。

リモートホスト上のプロンプト

また、話変わってリモートホストで実行するコマンドの標準出力・エラー出力は、ローカルホスト上のsshコマンドの標準出力・エラー出力となる。

例として、リモートホストの指定ディレクトリのファイルをカレントディレクトリにtar書庫で転送し展開するコマンドは下記の通り。

リモートホスト上のプロンプト

ローカルホスト上のプロンプト

参考サイト

Linuxコマンド集 – 【 tar 】 ファイルを書庫化・展開する(拡張子.tarなど):ITpro