カテゴリー別アーカイブ: ActionScript

Flex: State、Transitionによる画面遷移 – ログイン画面

Flex: State、Transitionによる画面遷移 - ログイン画面

FlexのStateの遷移によって表示するUIを変更することで、簡潔に画面遷移を実現する。その際のTransition効果(フェード)を付与する。今回はログインフォームを例に採り、ユーザーのログイン画面と新規登録画面の2つの状態をStateによって切り替えるmxmlソースを下記に紹介する。

続きを読む

解決例: 「ファイルから操作とエンティティを取得できません」 – Autoloader.php

error_require_autoloader

事象

Flex Builder 4でPHPとのデータコネクション設定を行う際に上図のエラーが発生。
使用したサンプルチュートリアル:
connect to data – Flex Test Drive | Adobe Developer Connection

続きを読む

AIR: Webサーバ、Socketの接続状況を検知 – URLMonitor、SocketMonitorクラス

任意のアドレスのWebサイト[サービス]のネットワーク状況を検知するURLMonitorと、任意のサーバ+ポートに接続可能か否かを検知するSocketMonitorクラスの動作サンプルを下記に示します。

ソースコード

実行結果

URLMonitorはネットワーク状況を検知する為にサーバへGETリクエストを送出して、レスポンスのステイタスコードを確認して判断しているようです↓。

リファレンス

AIR: SQLiteでデータの挿入と検索 – SQLConnection、SQLStatementクラス

AIRアプリケーションからSQLiteのDBにアクセスするには主にSQLConnectionとSQLStatementクラスを用います。基本的な処理の流れは、

  1. SQLConnection#openAsync(<Fileオブジェクト>, <モード>)でDBに接続
  2. SQLStatement#textプロパティにSQL文を代入しexecute()で実行
  3. その際、フィールド値はSQLStatement#parameters[“@<定義されたパラメータ>”]で代入する
  4. SELECT文の検索結果データははSQLStatement#getResult()で取得
  5. 結果データの型はSQLResultで、データそのものはdataプロパティ(Array型)に入っている。e.g. <SQLResult>.data[i].<フィールド名>

下のプログラムはDBに接続してテーブルの作成、レコードの追加、検索を行うサンプルです。

続きを読む

AIR: テキストファイルに書き込み – openAsync()、writeMultiByte()

AIR: テキストファイルに書き込み

AIRコンポーネントではローカルのファイルにアクセスすることができます。下記のコードは日本語を含むマルチバイトの文字列をテキストファイルに書き込む処理をする。

続きを読む