IBM System i (AS400): IFS上のテキスト形式ファイルを5250プロンプトから印刷(スプール化)


本記事はIBM i OSにおけるIFS上のテキスト形式ファイルをコマンドでPrint(スプールファイル化)する方法を記載する。

5250のコマンドプロンプトより下記のコマンドを打鍵する。

※catコマンドの引数は任意のテキスト形式のファイルパス。

上記コマンド打鍵後、Qshell画面上でF6(=Print)キーを打鍵しEnterキーでコマンドプロンプトへ復帰する。この状態でWRKJOB -> 4とすれば先ほどPrintしたテキストファイルがスプール化されて保管できている。

この手法は出力されたログやリリースしたスクリプトファイルの証跡を取得するのに活用可能。

参考サイト

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す