IBM System i (AS400): SNA linkageのactive確認をJOBLOGで代替する方法


IBM System i (AS400)でSNAのlinkageレベルの疎通確認をWRKCFGSTSコマンドのLine resourceステータス(=Active)以外に、ジョブログ(DSPJOBLOG)かヒストリーログ(DSPLOG)から確認する場合は、メッセージID:CPF1273が出力されていることを確認する。

Message ID: CPF1273
Message: Communications device &2 was allocated to subsystem &1.

※当該Message IDの全文(cause欄含む)を確認したい場合は、DSPMSGD CPF1273コマンドを打鍵する。

参考サイト

上記の説明と全く同じ公式ドキュメントは無いが、公式のtroubleshooting集において、SNA接続復旧後の確認手法として上記のMessage IDの確認記述がある。

IBM SNADS Distribution Queue Goes to Retry-Fail, SNADS Receiver Job Fails with CPF4059 RC08640000 – Japan

Resolving the problem > Action Taken: > No.10をご参照。

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す