WebSphere MQ: (AMQ9660) SSL鍵エラーの対処例


首題のエラーに遭遇したので備忘録として纏めておく。

事象

対向へのMQ channel 接続、もしくはMQPING送出時にSSLコネクションが張れず、接続に失敗(MQPINGであればエラー)し、当該Qmanagerのエラーログには以下のメッセージが出力される。

発生環境

IBM i OS上のWebSphere MQ v7.0

原因

原因やリカバリーの為の確認ポイントについては公式ページに記載がある。

今回のケースでは、CHGMQMコマンドのSSLKEYRPWDパラメータにSSL Key repositoryのパスワードを設定する際に単一引用符「’」が残ってしまった為。本来、当該パラメータは当該記号が不要だが、他のパラメータと同様と思い込み引用符込みでコマンド文字列を準備した上でF4で各パラメータを確認・実行してしまうと上記のエラーに繋がる。
※SSLKEYRPWDパラメーターはパスワード文字列を隠蔽するので、F4画面では確認が不可能。

再発防止

SSLKEYRPWDパラメータへのパスワードの入力はCommand entry画面からではなく、F4画面からコピペ入力することで、当該ミスの防止が可能。コピペであれば、大文字小文字の入力誤り等も防止できる。
※偶にキーボードのShiftキーがバカになっていて、押しているつもりが有効化されていない場合も考慮。

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す