Python: PyCharmプロジェクトにvirtualenv環境を設定


目的

Pythonの統合開発環境であるPyCharmを用いたPythonアプリの開発において使用インタープリターをvirtualenv環境とする設定をする。
※尚、以下の手順はMac環境上にPyCharmがインストールされている前提で進める。

virtualenvとは?

Pythonの隔離環境を構築できるツールで、Pythonのパッケージマネージャであるpipでインストールできる。PyCharmのプロジェクト毎に使用パッケージをvirtualenvで隔離することで、プロジェクト毎に別Versionのパッケージを使用することができ、システム標準のパッケージを汚さず、本番想定のPython環境を構築できるメリットがある。

公式ドキュメント:Virtualenv — virtualenv latest documentation

Python環境の確認

Pythonを未インストールの場合はインストールしておく。
参考ページ:Mac OSにpyenvを使用してPython環境をインストール・設定

virtualenvのインストール

virtualenvが未インストールの場合は$ pip install virtualenvでインストールする。

Python仮想環境(virtualenv)の構築

virtualenvのactivate

virtualenvを構築しただけではこの仮想環境は有効にならない為、下記コマンドでactivateする必要がある。

activate以降に追加したパッケージはシステムのPythonではなく、上述で構築したvirtualenv環境にインストールされる。

virtualenvへパッケージをインストール

例としてWebアプリケーションフレームワークであるDjango v1.9をインストールする。

上記プロンプト上でactivateした仮想環境を無効化(抜け出す)場合はdeactivateコマンドを用いる。

PyCharmのインタープリターをvirtualenvに設定

PyCharmのPreference画面からProject Interpreterに移動し、右端の「...」マークのプルダウンメニューから「Add Local」を選択する。実行環境パスはこの場合下記の通りとなる。

設定後に下図の通りインタープリターのパスがvirtualenvに設定されていることを確認する。

pycharm_project_interpreter

最後にApply、OKボタンで変更を確定して設定が完了となる。

参考サイト

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す