Mac OSにpyenvを使用してPython環境をインストール・設定


当記事の目的

Pythonインタプリタのバージョン管理ツールであるpyenvをHomebrewを用いてインストールし、Python v3.5.1を標準インタプリタとして使用、及びPyCharm IDEでのパス設定までの手順を記載。

背景理由

Mac OS標準のPythonのバージョンが2.7系で、3.X.X系の実行環境を導入したかった為。

設定手順

当記事の公開時点での公式ドキュメント記載の方法で進める。
yyuu/pyenv: Simple Python version management

前提

Homebrewがインストールされていること。

pyenvのインストール

pyenvのPATH設定

上述のインストールログ内にも出力されているが、PYENV_ROOTとeval “$(pyenv init -)”を設定する。当該ログを喪失した場合は、brew info pyenvコマンドで再度確認が可能である。

本記事での追記先は.bash_profileとする。

.bash_profileにMacのプリインストールPythonに関わるPATHが設定されていれば、それをコメントアウトする。

最後にShellを再起動するか$ source .bash_profileを実行してPATH設定を更新する。

pyenv経由でのPython 3.x.x系のインストール

※参考)zlib not availableエラーでPythonのビルドが失敗した場合の対処法は下記の通り。
pyenv: 対処法→Python環境のBUILD FAILED – “zipimport.ZipImportError: can’t decompress data; zlib not available”

使用インタプリタをPython 3.x.x系に変更

pyenv globalコマンドを使用して変更する。

下記コマンドにてインタプリタのバージョン及びパスの確認を行う。

pipのアップデート

上記の通りpipはデフォルトでインストールされいてるが最新バージョンではない場合がある為、下記のコマンドでアップグレードする。

PyCharm IDEの設定

$ which pythonで出力されたパスを設定する。

pycharm_python_interpreter_setting

(未解決) git clone と virtualenvの併用

virtualenvを用いてPyCharmプロジェクト毎にPythonの仮想環境を構築するとプロジェクト毎に使用ライブラリを設定できてベター。しかし、GitHubのリポジトリのClone後に仮想環境を使用するとdirectory not emptyエラーで構築できず、逆に仮想環境作成後にgit cloneすると、これもnot emptyエラーとなる。

この解決法についてはざっと調べた限り見つけられなかったので、一旦棚上げとして、virtualenv無しでの開発環境としてコーディングを進めてみる。最終的にはDockerイメージとしてアプリをパッケージかする予定なので、現時点では特に支障はないが、時間のあるときにもう一度調べて解決したい。

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す