Mac+MAMP+Eclipse PDTでPHPのCLIデバッグ環境(Xdebug)を構築


Mac上でのPHP開発環境のセットアップとCLIデバッグ環境の構築で幾つか躓いたところがあったので、備忘録もかねて下記にまとめておく。

MAMP+Eclipse PDTの入手

以下のサイトよりそれぞれダウンロードしインストールする。

php.iniの設定

mamp_conf_file_path_php.ini

Xdebugを使用するための設定。MAMP上のphp.iniに以下の内容を追記。zend_extensionの項目はコメント;を外すだけで良い。(パス自体はバージョン依存なので。)

Eclipseの設定

先ずはEdit PHP Executabl画面でPHPの実行ファイルとphp.iniファイル、及びPHP debuggerタイプを指定する。

eclipse_edit_php_executable

続いてPHP Debug画面でPHP Debugger、PHP Executable、CLI Debugチェックボックス等の設定を下図の様に設定する。

eclipse_php_debug

設定確認テスト

後は適当なPHPコードを書いた後に以下のようにDebugを実行する。

php_debug

デバッグ用のパースペクティブに遷移して下記のように表示される。(ブレークポイントを設定していればそこでステップイン等の操作が可能)

php_debug_result

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す