AIR: テキストファイルを非同期に読み込む – openAsync()、readMultiByte()


AIR: テキストファイル読み込みの実行結果

AIRコンポーネントではローカルのファイルにアクセスすることができます。下記のコードは日本語を含むマルチバイトのテキストファイルを読み込み、画面い表示する処理を行う。

大まかな手順

  1. FileStreamのコンストラクタの引数に対象のファイルへのパスが設定されたFileインスタンスを渡す。
  2. FileStream#openAsyncで実ファイルへのパイプ接続。
  3. この時、非同期の読み込み完了/エラーを取得するためにイベントを登録しておく。
  4. 実際の文字の読み取り(どれだけ読むか、文字コードの変換など)はFileStream#readMultiByteで行う。
  5. ストリームのインスタンスには接続時にpositionプロパティ(何処読んでいるかのポインタみたいなもの)からファイル末尾までのサイズ(bytesAvailable)を取得してるので、読み込みサイズにそれを指定。
  6. FileStream#close()でストリームを閉じる

ソースコード

リファレンス

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す