MySQL: レコードの更新と削除 – UPDATE、DELETE文


前回はレコードの検索クエリの作成方法を扱いましたが、今回は既存のレコードのフィールド値を更新するUPDATE文と、レコードを削除するDELETE文の練習をしてみます。

まず、扱うテーブル内のレコードの一覧を下記に示します。これは前回と同じです。

UPDATE文でレコードの更新

それでは試しに、「値段が1000円を超え2000円未満の本を100円値下げする」SQL文を書いてみます。最初は念のため修正するレコードをSELECT文で出力してみます。

次に、UPDATE文で上の本を100円値下げしましょう。

上手くいったようですね。UPDATE文の一般構文は以下のようになります。

UPDATE <テーブル名>
SET <更新する列名1> = <代入する値1> [, <更新列名2> = <代入値2>, …]
WHERE <条件式>;

WHERE句は省略可能です。SET句内のイコール「=」は代入演算子です(WHERE句の「=」は等価演算子)。複数のフィールドを書き換える際はSET句内の個々の代入式をカンマ「,」で区切ります。UPDATE文は条件に合致する全てのレコードをSET句で書き換えます。実際に書き変わったか確認してみましょう。

確かに、100円値下げしてありますね。

DELETE文でレコードを削除

一般構文は、

DELETE FROM <テーブル名>
WHERE <条件式>;

です。条件に合致する全てのレコードを削除します。

確かに、book_Gが削除されていますね。

リファレンス

関連記事 (Related Articles):


MySQL: レコードの更新と削除 – UPDATE、DELETE文」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: MySql 操作コマンド | 太朗の部屋

コメントを残す