MySQL: ログインと新規データベースの作成・削除 – CREATE DATABASE、DROP DATABASE文


Windowsに開発用のMySQLを新規にインストールとパス設定した環境で進めていきます。まず、プロンプト上で以下のコマンドを一行打ちMySQLに接続してみます。

rootユーザでログイン

まだrootユーザにパスワードを設定してないので、
>mysql -u root
でログインできます。仮にパスワードが設定されていると次行のプロンプトでパスの入力を求められます。

新規データベース(DB)の作成 – CREATE DATABASEコマンド

さて、MySQLに接続したことでプロンプトが>からmysql>に変わっています。次に以下のコマンドで新しいデータベースを作成してみましょう。

CREATE DATABASEコマンドでbookshelfという名前のDBを作成しています。コマンドは大文字で打っていますが、別に小文字でも構いません。これは「コマンドである」ことを分かりやすくするための措置です。
また、ここで文字コードを指定する場合は以下のように打ちます。

実際にデータベースが作成されているか、SHOW DATABASESコマンドで確認してみましょう。

おぉ、確かにbookshelfが作成されています。

ログアウトはquitコマンドを打てばOK

データベースの削除 – DROP DATABASE文

データベースの削除の文は、

DROP DATABASE <データベース名>;

です。

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す