JavaのソースコードからUMLのクラス図を作成


オセロプログラムの実行画面

統合開発環境のEclipseでJavaのオセロプログラム(講義の課題)を制作中に一度クラス図を作成しようと試みました。使用プラグインはAmaterasUMLでこちらのサイト(軽量なUMLプラグインAmaterasUML (1/4) – @IT)を参考にしながらインストールを進めました。

さて、数あるUMLデザイナの中でこのプラグインのアドバンテージの一つはJavaクラスの継承関係などを包含したクラス図をソースコードから生成できる点にあると私は考えます。
その作り方は、まず「ファイル」→「新規」→「その他」から「AmaterasUML」→「クラス図」と選択してクラス図ファイルを作成し、そのファイルをダブルクリックしクラス図エディタを起動します。その上にクラスファイルをドラックアンドドロップすれば、そのクラスのクラス図が作成されます。また継承関係などを表したい場合は、その関係のクラスを選択した上でドラッグ&ドロップすればOK。下図にその使用状況を示します。

AmaterasUMLの使用画面

ちなみに、これによって作成された図は画像形式でエクスポートできます。
人にプログラムの構造の説明する際に役立つので重宝しています。

関連記事 (Related Articles):


コメントを残す